Index

Review

> ザ・セル

ザ・セル

ジェニファー・ロペス 主演

殺人鬼の精神世界へ侵入。その美しくもグロテスクな世界の先には…

最先端の技術を使って患者の精神世界へ入り込む治療を行っている心理学者キャサリンは、ある日FBIから、異常連続殺人犯の脳に入り込み、彼が拉致した女性の監禁場所を探り出してほしいとの要請を受けることに。危険人物の精神世界へ入り込んでいくヒロインの冒険をスタイリッシュな映像で描いたサイコ・サスペンス・ホラー。

◇感想と解説

とにかく映像が美しい。

主人公の心理学者キャサリンが、精神に入り込む犯人は、誘拐した女性を監禁し、水槽で溺れさせたあとに漂白して、その遺体を寝かせた上で、ボディサスペンションで自らを吊り下げて叫んだりする奴である。

そんな奴の精神世界はとってもグロそう…と想像したが、思いの他そうでもなかった。

もちろんたくさんの血は出てくるけれど…。
何というか、60年代あたりのアングラ演劇みたいなゾッとする美しさがあった。
グロテスクはグロテスクなんだけど、一定の美学のあるグロさなのだ。

この映画の見所は、この圧倒的な映像美にあるのではないだろうか。

ちなみに、劇中でこの犯人はサイコパスではなくて、「分裂病」とされている。今で言う統合失調症かな?
犯人の様子を見てると統合失調症ともちょっと違うようだが、幼いころの虐待などが彼の異常さに影響しているようだ。

そんな殺人鬼の精神も救おうとするキャサリンの姿勢と、もっと酷い虐待を受けも立派な大人になる人もいるんだ、というFBI捜査官の言葉が印象的だった。

◎出演
ジェニファー・ロペス
ヴィンス・ヴォーン
ヴィンセント・ドノフリオ
マリアンヌ・ジャン=バティスト

◎製作・脚本
マーク・プロトセヴィッチ

◎監督
ターセム・シング

※時期によっては配信が終了している作品もあります。
公式サイトをご確認のうえご契約ください。

Fire TV Stick

huluの動画コンテンツをテレビ画面で見れる!
Fire TV Stickには複雑な設定は不要。HDMI端子対応のテレビに挿すだけで、簡単に映画やビデオをテレビの大画面で楽しめるデバイスです。豊富な品ぞろえのAmazonビデオに加えて、HuluやNetflix、スポーツや音楽番組のアプリで、映画やドラマからスポーツまでお気に入りのコンテンツを一台で楽しめます。

◇情報

2000.USA/The Cell

▲TOP