Index

Column

> ルーシーとダイヤモンド

ルーシーとダイヤモンド

今日は [ Lucy in the Sky with Diamonds ] について書いてみたい。

これはビートルズのアニメーション 『イエロー・サブマリン』 の Lucy in the Sky… の部分である。この映像ものすごい。
この曲はこのアルバムに入ってる。



不思議な歌詞、不思議なギターの音、不思議なリズムでとっても不思議ソング。
今日は、ルーシーについて探索してみた。

「ルーシー・イン・ザ・スカイ…」と言えばタイトルの頭文字を拾うとドラッグの名前になるってんで放送禁止になったりしたエピソードが有名だ。
でもジョン・レノンは、息子のジュリアンが描いた絵からとったと言っている。近所の女の子ルーシーをモチーフに描いた絵だそうで、現物の画像もみっけた。

09_02

とまあ、ここまで書いたけど、今回 調べてたのは曲のタイトルの謎ではない。
まったくもって別のことざんす。

◇『2001年宇宙の旅』 とルーシーの関係

SF作家アーサー・C・クラークスタンリー・キューブリックとこの映画を作った後、続編を書いている。

『2001年宇宙の旅』 では、木星 がとっても重要な惑星だ。続編では、とある出来事が起こって、木星に 「ルシファー」 という別名が与えられる。
そして、クラークは、ビートルズの歌にのせて 「木星の中心核はダイアモンドでできている」 という説を採用した。
まさに 「ルーシーがダイヤモンドを持って空にいるんだ」。




百万年前の地球に出現した謎の石板は、原始的な道具も知らないヒトザルたちに何をしたのか。月面で発見された同種の石板は、人類に何を意味しているのか。宇宙船ディスカバリー号のコンピュータ、ハル9000はなぜ人類に反乱を起こしたのか。唯一の生存者ボーマンはどこに行き、何に出会い、何に変貌したのか…。



2010年、宇宙船アレクセイ・レオーノフ号はいま地球を旅立とうとしていた。10年前に遥か木星系で宇宙飛行士4人が死亡、1人が失踪した事件を調査し、遺棄された宇宙船ディスカバリー号を回収することがその任務だった。果たして真相は究明されるのか?そして、木星軌道にいまも浮かぶ謎の物体モノリスにはどんな奇怪な目的が秘められているのか…。前作を上回る壮大なスケールで全世界に興奮を巻き起こした傑作長篇。

2061年、ヘイウッド・フロイドは高鳴る動悸を抑えきれなかった。75年ぶりに再接近してきたハレー彗星の探査計画への参加を要請されたのだ。最新型のミューオン駆動宇宙船ユニバース号に乗り組みハレー彗星をめざす―そして、みずからの手で彗星を調査する。だが、彗星に着地し探査を始めたフロイドたちを、思いもよらぬ事件が待ち受けていた。

31世紀初頭、海王星の軌道付近で奇妙な漂流物が発見された。それこそは、宇宙船ディスカバリー号の船長代理フランク・プールだった。はるか1000年前、宇宙船のコンピュータ、HAL9000によってディスカバリー号から放りだされたプールは、冷凍状態で星の世界へ向かっていたのだ。地球の軌道都市スター・シティで蘇生させられたプールがたどる究極にして最後の宇宙の旅とは…『2001年宇宙の旅』に始まるシリーズ完結篇。

木星にダイヤモンド…なんて、本当にそんな説があるのかしら???
これは調べなくては!!!!!

と思ったものの、ずっと忘れていた。
そしたら、こんなニュースを発見。

宇宙からのバレンタインプレゼント:ばらの花束と巨大なダイヤモンド
http://www.astroarts.co.jp/news/2004/02/14valentine/index-j.shtml

一方、銀河系で一番大きなダイヤモンドは、地球からおよそ50光年かなたのケンタウルス座で発見された。直径は4,000km、重さは10…0カラット(「0」の数は34個)に相当する。ちなみに地球で一番大きいものは、3,100カラットの原石からカットされた「アフリカの星」(530カラット)である

09_03

この画像、真ん中がカットされたダイヤモンドみたいになってて笑える。
いくらなんでもそうはなってないだろうに。。。

10…0カラット (「0」の数は34個) って、10の34乗。。。
10の34乗カラットって言われても想像できまへんがな。

直径4000kmは、月 (直径 3474.8 km) よりデカイ。



でかっ!!!!

この星がどこにあるかというと、地球から50光年離れたケンタウルス座あたりのようで、取りには行けないわ。
この星は「ルーシー」という愛称がついています。もちろんビートルズの曲にちなんで。

おしゃれ!!!!

2006.03.4
※記事の内容は私が独自に調べてまとめた内容なので間違いもあるかもです。そしたらごめん。
▲TOP